なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

ジャク・大人のクリーム歯みがき
口臭を防止して口内の浄化をする大人の歯みがき
rakuten.co.jp

【開運】12ミリ玉天然透明本水晶「白銀龍」ペンダント
就職、転職に。総合運と浄化の石「透明水晶」
rakuten.co.jp

Microsoft Officeは使えるようにしておこう!

動画パソコン教室!楽ぱそDVDどの職種でも、Microsoft Officeが使えてあたり前のご時世。

「えっ、ワードとエクセルは分かるが…」、パワーポイント、アクセスはちょっと。

それじゃ、プレゼンテーションやデータ管理ができないじゃない…。

でも、大丈夫。間に合います。

パソコン教室の70分の1の受講料で、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスをマスターできる。

>>動画パソコン教室!楽ぱそDVD



履歴書の書き方と例/見本

書き方のポイント.gif自己実現できる遣り甲斐のある仕事を見つけよう♪

内定を手中にする第一歩は、成功する履歴書づくりからです。履歴書にも書き方のコツがあります。見本や例を参考に、書き方のポイントをつかもう♪

就職・転職活動の成功は、実は履歴書が握っています。企業へのアピールはもちろんですが、履歴書を書くことによって、自分の整理もでき、書類選考後の面接へも繋がってきます。

履歴書の書き方のコツは、書き方のコツを掴み、見本や例を参考に自分の文章をつくること。自分らしさが出て、企業の採用担当者のアピールできます。履歴書の書き方について考えていきましょう!

『就職・転職を成功させる上で最も大切なことは何でしょうか?』

それは、自分の経験や能力、人間性、仕事に対する熱意、志望動機を企業の採用担当者に知ってもらう事です。企業の採用担当者にアピールするためのアイテムが履歴書です。企業の採用担当者へ就職、転職希望者の人柄やスキルをアピールする書類です。

履歴書による書類選考は採用試験の第一関門です。書類選考を通過し面接へ駒を進めることがまず必要です。だから、企業の採用担当者に「会ってみたい」と思わせる履歴書の書き方を学ぶ必要があります。ただずらずらと書いたモノ、見本を真似ただけのモノでは良い履歴書といえません。しっかりとした準備が必要です。

上手な履歴書の書き方は、業界、企業研究、志望動機の明確化、経歴やスキルの情報など、洗い出と整理をすることから始めます。そして例や見本を参考に上手く自分を表現することです。履歴書は上手く書けば貴方を面接へと導くパスポートとなります。

このブログは転職、就職、アルバイトの含めて履歴書の書き方を解説します。そして、履歴書の中でもポイントになる志望動機に焦点をあて、例や見本を織り交ぜ情報を配信します。転職、就職活動に役立ていただければと思います。グットラック!

※サイトで取り上げる例や見本はあくまで例です。転職活動者、就職活動者により個人を取り巻く環境や状況は違いますし、個人のキャリア、アピールポイントも違います。実際に履歴書や志望動機を書く際は自分で考え自分の文章を書くようにしましょう。

志望動機の書き方

履歴書の中でも志望動機は重要なファクターです。転職者活動の場合は職務経験と並び、企業の採用担当者が重視する項目です。また就職活動者は職務経験はありませんので、この欄が最も自己アピールができる欄となります。

志望動機の欄の役割は応募者の「入社意欲」「やる気」を判定するためにあります。他の応募者よりも強い入社意欲ややる気を伝えられれば書類選考では有利になります。履歴書の用紙の狭い志望動機の欄で「自分が働きたいのは御社です」という気持ちをどう証明するかがポイントです。

ただ、志望動機の文章の例や見本を見て真似たり、口先だけの表現で「御社で働きたい!」と訴えただけでは説得力に欠けます。やはり心の底から、「この業界で働きたい!」「この業種に就きたい!」「この会社で働きたい!」という強い気持ちがあってこそ、企業の採用担当者の心を動かす志望動機が書けます。それには自分の本当の気持ちに気付き、表現することが書き方のコツです。履歴書の志望動機を書く前に、「なぜこの会社を志望したのか?」今一度、自分を見つめてみましょう。自問自答してみてください。

「この会社を何で知ったのか?」
「この業界に興味を持ったきっかけ?」
「会社を選んだ基準はどこにあったのか?」
「入社して取り組みたい仕事は何なのか?」
「なぜ、この会社でなければならないのか?」

貴方はこの会社を志望したからには、何か他の業種、職種、企業と比較してそこで働きたいと思ったわけです。そのことを明確にすることが履歴書の志望動機を書く第一歩です。志望する業界、業種、企業の魅力を言葉にしてみましょう。漠然と頭の中で分かっているだけではなく、文字にしてメモに書き出してみましょう。真の志望動機が見えてきます。そして、会社入社したことを想定して、自分のしたい仕事、ライフワークなどのイメージを膨らましてみます。そこが具体的に見えたら、志望動機の例や見本を参考にして、自分をアピールする文章を考えましょう。

履歴書の書き方の基本

履歴書の見本.gif就職や転職の際に、まずは入りたい会社を決めます。その次にやることは応募するときに提出する書類、すなわち履歴書の作成です。


履歴書は自分の今までの職歴や経歴などを書きますが、特に書きにくいのは志望動機や自己PRの欄だと思います。たかが履歴書とは思わないでください。


企業の採用担当者は履歴書の「志望動機」「自己PR」の欄を特に重要視しています。そこで第一段階の進退が決まると言ってもいいかもしれません。


志望動機の内容で特に見られるのは「自分はどういう仕事をしたいのか」「この会社に入ったらどういったことをしていきたいのか」というところだと思います。


まず「自分はどういう仕事をしたいのか」についてですが、これを書いておけば採用された際の配属先の判断材料にもなるし、最悪違う部署に配属になることを防ぐことができるかもしれません。


次に、「この会社に入ったらどういうことをしていきたいのか?」ですが、これを書くことで会社側は自分達の会社にとって貢献できる人物かどうかを判断することができます。


会社側はお給料を支払うのですから合わない人を雇ってしまっては意味がありません。会社にとっての利益を考え、それに該当する人材、成果をあげることができる人材を選ぶようにするのです。


なので、記入の見本を真似て、ただなんとなくの感覚で志望動機を書かないようにしましょう。会社側の利益に対して自分が該当するのか決めるのは会社側ですが、熱意は伝わると思いますので適当に書かないでしっかり書くようにしましょう。


履歴書は、書き方のポイントを摘み、見本を参考に熱意ある内容に仕上げていきましょう。

履歴書の書き方の基本

履歴書の中の志望動機は採用担当者が最も注目する項目の1つです。ここは自分のオリジナリティを発揮し、自分だけの志望動機を書いて、ライバルに差を付けたいところです。志望動機を書くにあたって明確にしておきたい点が、『その会社へ入社してやりたい仕事』です。もし、考えてみても、「やりたい仕事が分からない?」という方。そういう方は取り合えず、「何が不満で転職をしたのか?」「何と求めて転職をしようとしているのか?」を考えてみましょう。

例えば、「新製品や新企画の販売業務」の営業職へ転職をしたいのであれば、現状の「ルートセールスのマンネリ化した営業が嫌だった」という不満に気付き、やりたい仕事は「自分で新しいことに創り出す仕事」と考えを発展させてみます。こうすることで、自分の中にある志望動機が見えてきます。

次に考えたいのは、こうして考えた「やりたい仕事」をより具体的にしておくことです。「御社の斬新な商品企画がポジティブな私の性格に合っています。」のような抽象的な表現は、企業側は聞き飽きています。履歴書の志望動機を上手く書くポイントは、「御社の新製品を一から立ち上げた取り組みには共感しております。私も学生時代に、サークルを一から立ち上げた経験があり・・・」というような感じで、志望先企業の業務内容と自分の経験が結び付く点を探し、エピソードを交えながら具体的に書くことです。すると、採用担当者も貴方と企業の接点がイメージできて納得しやすいものです。履歴書の志望動機は「どれだけ相手にイメージさせ、納得させられるか」がカギです。

また、書式やインターネットの文章の見本は、皆が使っています。オリジナリティな志望動機を書くためには、例や見本をヒントに自分の文章を作ることです。履歴書の書き方の基本です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。